リベルテ/無垢

弊社住宅プラン『リベルテ』の床材は、塗装されたフローリング材ではなく無垢材を使用しています。

無垢とは『 混ざり気のない 』という意味で、一本の木から取れるつなぎ目のない材木を無垢材といいます。

自然な環境で育った無垢材の表情は様々で木本来の質感、風合いという面で魅力があり、一本として同じものがないことを、短所とらえるよりも自然の造形の美しさとしてお考えください。

大量生産ではなく、じっくり年月をかけて育ってきた天然材だからこそのぬくもりと安らぎを楽しんでいただきたい素材です。

塗装されていない無垢材は季節に応じて伸縮します。

施工実例/郡山市S様邸 床材として施工


無垢の良いトコ/無垢/メリット

無垢材には調湿作用があり、湿気の多い日は水分を吸収し、乾燥している日は水分を放出して湿度を一定に保つ性質があります。

そのためコンクリートの約2倍もの断熱性があります。しかしこの『縮む』『膨らむ』という性質はデメリットにもなります。床鳴りがしたり、多少の反りや割れが起こる場合があります。

無垢 無垢材を塗装しないワケ 未塗装

塗装についてですが、汚れにくいという理由からウレタン塗装が望まれてきましたが、無垢材は無塗装が基本です。塗膜塗装をしないで使ってこそ、そのよさが現れます。

夏はひんやり冷たく冬はほんのりあたたかみを感じます。その質感はいつもやさしく、素肌で触れると塗装材との違いがはっきりとおわかりいただけます。

万が一の火災時にも有害なガスは発生しません。

メンテナンス性を高めるための塗装を好まれるなら木の呼吸を妨げないよう自然系のワックスを薄く塗布することをお勧めします。


詳しくは資料請求もしくは直接お問い合わせください。